トップ «前の日記(■2005-07-07) 最新 次の日記(■2005-07-16)» 編集

どんぞこ日誌

2003|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|07|08|12|
2007|01|04|08|12|
2008|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2009|01|02|04|05|06|07|08|09|11|12|
2010|01|03|04|07|08|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|10|12|
2012|01|02|03|05|06|07|08|09|10|
2013|01|02|07|08|09|
2014|08|09|
2015|08|
2016|06|07|12|
2017|01|03|08|
2018|03|
2022|03|

同人関連(どんぞこ楽屋) | 旧い雑文   


■2005-07-10

* [今月のAcme] Acme::OilB!

  Acme::OilというのをCPANにアップしたので、厚かましくもこれを今月のAcmeにします(手抜き)。このモジュールはオイル缶をエミュレートし、変数を浸すことができます。役に立たないモジュールが多いAcmeカテゴリにあって、このモジュールは大変教育的です。

 use Acme::Oil;
 # warningsをonにすると解説つきに
 use warnings 'Acme::Oil';
 
 my $var = 1; # 最初は普通の変数だった
 
 Acme::Oil::can($var);
 
 print $var # 滑って取り出せないかも
 
 $var = 2;  # 滑って代入できないかも

  しばらくの間、値の出し入れが困難になります。このように、油の塗られた物は滑りやすいということがわかります。これでマインドフレア触手も大丈夫。 ただし、触ってるうちに油は(完全ではないですが)落ちていきますし、Acme::Oil::wipe()を使えば拭き取れます。さらに:

 $var = 'fire'; # 危険!
 
 print $var; # 灰になりました
 
 # $varはもう使えないので
 
 my @vars = (1, 2, 'Firefox');
 
 Acme::Oil::can(@vars); # 待って!
 
 print $vars[0]; # 全部灰に
 
 # もはや油も燃え尽きています
 Acme::Oil::can($other); # noop

ここから、不用意に油に火を近づけると危険であるということがわかります。大変ためになりますね。お子様の情操教育にいかがでしょう?

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]
_ まこちん (■2005-07-12 11:02)

http://blog.goo.ne.jp/satou678/<br><br>こんにちは、サロン・ド・吉田のまこちんです。<br>ミュージカルバトンというのが回ってきましたので、そちらにお渡ししたいと思います。お手数でなければ次にまわしてやってくださいませ。

_ まかまか (■2005-07-13 22:51)

どうもご無沙汰しております。<br>バトンへの回答は近々書きたいと思っています。<br>ただ、バトンを回すのは、どうも私の性分にあっていないのでどうかご勘弁ください。

[]