トップ «前の日記(■2004-04-11) 最新 次の日記(■2004-04-15)» 編集

どんぞこ日誌

2003|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|07|08|12|
2007|01|04|08|12|
2008|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2009|01|02|04|05|06|07|08|09|11|12|
2010|01|03|04|07|08|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|10|12|
2012|01|02|03|05|06|07|08|09|10|
2013|01|02|07|08|09|
2014|08|09|
2015|08|
2016|06|07|12|
2017|01|03|08|

同人関連(どんぞこ楽屋) | 旧い雑文   


■2004-04-12

* [Perl] 矢印、罫線、三点リーダーB!

 昨日直したばかりですが、JEncode.pmをまた修正。矢印、罫線、三点リーダーなどかなりの文字が判定できないことに気づいたため。いままでの補助判定に使っていたunicodeのブロック(正規表現において\pで始まるやつ)ではこれらの文字が抜けていまして、それぞれ\p{InArrows}, \p{InBoxDrawing}, \p{InGeneralPunctuation}が該当。これらを入れれば良いのでしょう、たぶん。

* シンジツニッポンB!

 TRUE JAPAN。忍者になることを夢見て、そして今も夢見ているアメリカ人による日本紹介。というテイストの日本人がつくったサイト。まだ存在していたのね。Nethackスレで全然関係ない話題で出てきたので懐かしくなりました。でも当時もNethack関連を辿っているうちにたどり着いた覚えが。

* [雑感] 唐獅子牡丹B!

 新聞の夕刊に江利チエミ晩年の未発表音源がCDボックスになると書いてあり、唐獅子牡丹を熱唱してると。これは聞いてみたいかも。私が高校の頃は、部室でガッツ石松が歌う唐獅子牡丹がよく流れてたものです。

* [雑感] メモメモB!

 一昨日からの続き。イラクからはじめる 4-9あたりから。自業自得論を越えて問題の認識を深めようと議論をされていらっしゃいます。 運営者とMitsuhiko氏とのやりとりが、ある意味ドラスティック。

* [雑感] であることとすることB!

 ここに出てくる舛添要一の「ダッカ事件の時……日本人であることが恥ずかしかった」やナニがカレラをそうさせるのか?に引用されている「やだよ俺、海外に行った時に馬鹿にされるのは」。
  それらの記事で問題にされていることとは全然関係ないのですが、どうもこういう人たちをみていると(それが本心であれ、ネタであれ)、彼らにとって他人からの評価の担保が「日本人である」という所にしかないような感覚に。例え他の「日本人」(あるいは「日本」でも)がどう評価されようとも、自分の行為に自信のある人(評価の担保を自分の能力や行為に求める人)は、他者(国家も含めて)の行為を自分の恥じとして問題にはしないような気がします(まあ、自分に自信のある人は能力のない人の行為に対して「甘い」と批判する可能性ももあるわけで、これについても思うところはありますが、とりあえずほっといて)。
  むしろ、他者の行為に問題があると判断した場合、その問題のある行為を止められなかった、あるいは止めようとしなかった自分の不作為や力不足を恥じとするのではないかしら。っていうかその方が、他者の行為を「恥じだ」といって事足りる人より健全だと思うのですが。要は「自分の行為を誇りに思うかどうか、自分の行為を恥じと思うかどうか」というところで勝負すると。

 もしかしたら「日本人であること」しか自分の評価の担保にできない人は、「自業自得(「日本人である」私の評価を下げる彼らは「同じ日本人」ではない)」「国に迷惑かけるな(日本の評価が下がると「日本人である」自分の評価にも傷がついてしまう)」って発想になるのかも。

本日のツッコミ(全6件) [ツッコミを入れる]
_ (■2004-04-14 22:28)

ある意味国民としてのアイデンティティと個人としてのアイデンティティが大きく乖離した国民性というのも特異なのかも。

_ まかまか (■2004-04-15 01:09)

私としては、国民としてのアイデンティティと個人のそれとが乖離しているというのは、まあ本来そういうものだと思っているのです(完全に一致しちゃったら、「我は国家なり」ってこりゃ変態ですよ)。で、その違いを違いとして尊重しあえる社会というのは、個々人が生きやすいのではないかと。今の日本は、この乖離を許さない方向に向かいつつあるようにみえます。で、そのような方向に向かったとき、これは大変ギスギスした社会だと思うのです。何かあるたびに、「自己責任」「お前はそれでも日本人か」「国を批判するものは死んで当然」なんてやられたら、生きにくいと思うのですね。そういう意味でも、今回の事件は、自分を含めてこの国の構成員が、生きやすい社会を望むのか、某北の国のような不自由な社会を望むかどうか、という岐路に否応なく立たされていると思うのです。って、何か話がそれてしまいました。ごめんなさい。

_ まかまか (■2004-04-15 01:19)

あ、上では、「国民としてのアイデンティティ」がどういうものがわからなかったため、差し当たり「国家」の立場と同一視してしまっていますが、これは私の早とちりの可能性大ですので、「そうではない」ということでしたら、その旨ご指摘お願いします。

_ (■2004-04-16 00:34)

もちろん国民全てが一意であるはずは無いし、乖離していることの意味は其の通りだと思います。<br>特異というのも殊更悪い意味で使ったわけではなく、「名」や「家」そしてその大勢である「国」に拘るのは、諸外国と違ってアイデンティティが宗教的なものに大きく依存していない日本らしいところなのかなあと。言葉の説明がうまくできてないですね。すみません。<br>確かにある種の岐路に立たされているような気はします。<br>何となく生きにくい社会と感じるのは、やはり将来の専制的な不安を今の社会に感じるからなのでしょうか。

_ まかまか (■2004-04-17 00:18)

あ、みさんの仰るとおり、その側面は確かにあると思います。自らの中に拠るべき所(信仰、理想、信念、良心など)がないから、その分容易に国家等と自分とを同一の地平に立たせてしまうのでしょう。それで少し感じたことがあるので、後で日誌に独立して書いてみようかとも思っています。<br>私が「生きにくい」と感じるのは、個々人が信念や信条、良心に従うことを許さない社会に向かっているように思えるからです(教育の場における強制然り、今回の拉致被害者とその家族に対する非難然り)。これは単に政治的・法的にそうなろうとしているだけでなく、文化的に、あるいは日々の思考様式や生活態度として、「自発的に」その方向に従おうとする人達が社会の中で増えているような気がしてなりません。前者は政治回路を通じて急激に変更することもありえますが、後者は日々の生活に根ざす分だけ、そうそう変わらないと思うのです。以上が、生きにくい社会ということです。この風潮が進めば、さらに生きにくい社会になると思います。っていうか、そういう社会で生きやすい人ってどういう人なんだろう?

_ SEO拳イ゜ (■2008-04-26 17:20)

、ウ、ホユ{麺<a href=http://www.seozone.jp>SEO拳イ゜</a>、マ量ヒY惚貧了燕幣の嶷勣來をもうSEO拳イ゜メサカネ携ヤ^、キ、゛、キ、ソ。「ヘャ瓶<a href=http://www.seozone.jp>SEO</a>、ヒ、ス、ホユ{麺、マ・ヘ・テ・ネ・讖`・カ、ホエ鷁新屬蝋牟┐靴織ΕД屮汽ぅ飯EOで兀チマ、坿Ε函▲◆♪ΕΑ▲諭▲礇淵潺謄、゛、キ、ソ。「」ヌ」ヮリΕ65.8%、ホク璽沺▲漫「、ス、ホユ{麺<a href=http://www.seozone.jp/aboutus/sem.html>SEM</a>、ホヨミ、ヌラ筝爨、ヤLユ゜、マSEMハケ、ヲ量ヒエンジン

[]