トップ 追記

どんぞこ日誌

2003|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|07|08|12|
2007|01|04|08|12|
2008|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2009|01|02|04|05|06|07|08|09|11|12|
2010|01|03|04|07|08|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|10|12|
2012|01|02|03|05|06|07|08|09|10|
2013|01|02|07|08|09|
2014|08|09|
2015|08|
2016|06|07|12|
2017|01|03|

同人関連(どんぞこ楽屋) | 旧い雑文   


■2017-03-06

* [近況][Perl] YAPC::Kansai 2017 OSAKA に参加しましたB!

 YAPC::Kansai 2017 OSAKAでLTをした結果、ベストLT賞を頂きました! ベストLTスポンサーのCOLSIS 様より賞品を頂きました! ありがとうございます!


Happy Hacking Keyboard Professional BT

こちらLTのスライドになります。 以下一言感想となりますが

  • その昔、『文字コード「超」研究』で大変お世話になった深沢千尋さんのトークは今自分が関わってることと非常に近くて、大いに刺激を受けました。
  • 弾さんの「mail_form.cgi reborn」は……ゆるふわコーディングが味わい深かったです。実況係のmoznionさんが絡みにくくて大変そうだった。
  • さいさんの「レガシーな Perl システムに DDDを取り入れる」、LogicをServiceとDmainに分離するところで具体的な例に落とし込んで話をされてていてよかった。
  • そーだいさんの「Webエンジニアに知ってほしいRDBアンチパターン」は非常にわかりやすくベストトーカーになられるのも納得ですね。さっそく忠告通りpg_dumpのcron処理をチェックしたところ…… お察しください。

 大変楽しく素晴らしいYAPCでした! 最後にスタッフ&関係者の皆さま、スポンサーの皆さま、そして参加者の皆さま、本当にありがとうございました。

[]

■2017-01-10

* [近況] buildersconに行ってきましたB!

 昨年12月、「『知らなかった、を聞く』をテーマとした技術を愛する全てのギーク達のお祭り」buildersconに行ってきました。散々肉焼神の祭典に参加しておきながら肝心のbuildersconのことを書いてないのはあまりにあんまりなのでちゃんと書きます。(一言感想で「すごい」とかしか書いてないのでアレですが)

 私も何か発表してみたくなるのですが、同人誌の作り方とか〆切間に合わせる方法とかそんなのしか出てこないので厳しい。

[]

■2017-01-09

* [近況] 冬コミ(C91)の報告B!

 いささか遅れましたが、明けましておめでとうございます。……これ2013年の出だしと同じですわ。

 さて、昨年末の冬コミでは新刊の「Parumon 業 β版」(ボードゲーム)を出しました。2011年に作成したカードゲーム「Parumon」をボードゲームに移植したものです。前作ではプレイヤーは「use」「出社」「ペアプロ」の3アクションを選べましたが、今回は働き方の多様性を鑑み、「リモート出社」「ノマドワーク」を追加しました。ある程度出社して進捗が落ちつくと後はリモートだけで進めらるという、まことに素敵なワークライフをゲーム内にて実現するという塩梅です。おかげさまで多くの方に手に取っていただけました。厚く御礼申し上げます。

 ……なのですが、このゲーム、当日に会場内で袋詰めをしている有様でして、テストプレイをほとんどやっていませんでした。そのためゲームバランスが無茶苦茶です。「迫り来る納期の攻撃に耐えながら、CPANモジュールを駆使してプロジェクトを完遂させよう!」というコンセプトなのに、迫ってこないんですよ、納期が。あと最初の手持ちのカードが多すぎる上にモジュールの違いがほんとんど意味をなしてなくて……マニュアル通りにやるとゲームとしてあまり成立しないのです。なのでParumon 業 β版のページのWork Around的なやつを参考にしてください。ほんとすみません。バージョン1.0の際には改良されているはずです。

 あと今年の豊富ですが、今年こそ電子書籍版出します。何年も出す出す詐欺ですみません。本年もどうぞよろしくお願いします。

[]

■2016-12-13

* [近況] YAPC::Hokkaido 2016に行ってきた!B!

 YAPC::Hokkaido 2016 SAPPOROに行ってきました。初北海道。終始雪降って飛行機やら電車やらが遅延・運休になり、なかなかに大変でしたが最高に楽しかったです。

 前夜祭ではcharsbarさんのJSONとJSON::PPの現状話が……ひたすら耳に痛い! えー、長らく放置状態でありましたJSON、JSON::PP、Text::CSVのメンテナをお願いすることになりまして、現在はcharsbarさんがガシガシアップデートを進めてくださっております。

 今回、同人ブースの売り子をしなかった(同人ブース自体がない)結果、普通にトークを聞くことができました。とても健全。
 様々なトークがありましたがPerl成分多めな感じでkarupaneruraさんの「頼りがいのあるORM『Aniki』徹底解説!」を聞いて使ってみたいと思いました。あと吉田さんの「モジュールメンテナンスを通して感じる最近の Perl」は、うんうん頷きながら聞いていました。メンテ放棄してるの、私だ!

 さて、私の会社はLTスポンサー等になっていたのですが、LT開始直前に運営から「ベストLT賞の受賞者決めてね」って言われてドびっくりです。慌ててメモを取りだして真剣にLTを聞きました……なにか間違っている……
 それはさておき、いずれ素晴らしいLT登壇者の中からベストLT賞を決めるのは大変難渋しました(誰ですか、私は絶対あの人を選ぶだろうなどと言っていた人は!?)。 しかし最終的には大学生のさくらさんに決めました。勢いが素晴らしかった。後で聞きましたところ、そもそもLTに受かると思っていなくて発表内容を考えておらず、本当に5時間前から作業したとのこと。ちゃんと完結してたし、勢い大事ですね。

 さて北海道ではYAPC懇親会の後でジンギスカンを食べ、後ラーメンを食べ、翌日は小樽にて海鮮丼を食べ、余市に寄ってウヰスキーの試飲をし、雪で電車が遅れ飛行機が遅れ、スープカレーを食べ、どうにか羽田に着いたときはもう交通機関がない状態。タクシーは長蛇の列です。こういう時はコミケ会場周辺まで移動してタクシーを拾うのが常道……羽田空港って徒歩で出られるの? 先達がおった

 てなわけで大変有意義な北海道の旅でした。改めて主催・スタッフ、登壇者、参加者、各スポンサーetc. の皆さまに感謝いたします。ありがとうございました。

追記:「先日のYAPC::Hokkaidoですが、初めてもらったタイプのノベルティとして、サイリュームをもらい、どうしていいのかわかりません」  ノベルティのケミカルライトについてですが、各自治体の指示に従い廃棄してくださいね。あ、廃棄前ですと光らせることができますので、次回YAPCなどで「推し登壇者」の発表時に思い切りよく振って、手からすっぽ抜けて登壇者の顔面にあたり大惨事となって、以降ケミカルライト等の使用禁止・配布禁止になる感じでひとつ。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

_ Betsey [missbrownie dit :Dis doe!ic!Imprnss!onnant ce truc!La..]

[]

■2016-07-05

* [近況] 「やっぱち」に参加したよ。最高だったよ。B!

 YAP(achimon)C::Asia Hachioji 2016 mid in Shinagawa (長い名前のイベントなので「やぱちー」「やっぱちー」「やっぱち」etc.などと呼ばれる)に概ねスタッフとして参加しました。 実はほとんど知られていないことですが主催の一人だったりします。なぜそんなことになっているかと申しますと、この春に主催のuzullaさんと話していて:

uzullaさん「やっぷしーどうしよう?」
わたし  「やりましょう! もちろん私もやりますよ!」
uzullaさん「よっしゃ!」

というわけです。なお、その後uzullaさんがタスクリストを用意したときのことです。

uzullaさん「どのタスクを担当したい?」
わたし  「うーん、特にはどれもやりたいものないです」
uzullaさん「ま゛かま゛かさん゛ーーー」

あの時のuzullaさんの落胆した顔は一生忘れません。 あ、一応そのあとは心を入れ替えて多少は働きましたよ!(個人の感想です)


 さて、「やっぱち」は本当に素晴らしかったです。色々な方が言及されていますが、元祖YAPC::Asia的なものとHachioji.pm的なものが良い感じにミックスされているのだなあと感じました。残念ながらトーク自体はあまりちゃんと見る時間がなかったのでこれからスライド等で追体験できればと思います。


 一応LT登壇したのですが、こちらはまあ特に何も言うことはありますまい。スライドもアップしません。

 あ、そうそう、銅鑼の記事よければ読んでみてくださいませ。銅鑼はネコトーストラボという会社が提供していますよ!


 ところで、恐らくほとんどの人は気づかなかったと思いますが、エレベーターホールを出るとこのようなマップがありました。



 このコナミコマンドみたいな部分、私がつくりました。これは私の理想の地図なんですよ! これこそ道に迷わずに目的地につく絶対確実な方法! と、相方に言ってみたところ、「あー、仕事先にも目的地をそういう風に伝える担当がいたよ。馬鹿にしているとしか思えない。舐めんなよ」と一蹴されました。


 そのようなわけで、主催にしてカリスマのuzullaさん、運営スタッフの皆さん(特に掲示物の作成ではsilfsquareさんとkkotaroさんにお世話になりました)、会場を提供してくださったマイクロソフトジャパン様とmyfinderさん、3人のMS社員さん(紙製)、そして登壇者・参加者の皆さんの全てが揃ったからこそ、この奇跡のようなイベントが開催されたのだなあとしみじみ思います。ありがとうございました!

やっぱちのPはPassionのP! YA8を讃えよ!

[]