トップ 追記

どんぞこ日誌

2003|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|07|08|12|
2007|01|04|08|12|
2008|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2009|01|02|04|05|06|07|08|09|11|12|
2010|01|03|04|07|08|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|10|12|
2012|01|02|03|05|06|07|08|09|10|
2013|01|02|07|08|09|
2014|08|09|
2015|08|

同人関連(どんぞこ楽屋) | 旧い雑文   


■2015-08-23

* [近況][Perl] YAPC::Asia 2015でLTと、LTとLTの合間にLTをしてきましたB!

 表題の通り、YAPC::Asia 2015に参加してLTを発表してきました。相変わらず「Perl同人活動」という部分以外に技術と接点のないLTでした。「最後続きはどうなるのか?」という質問がたくさんありましたので回答すると、もうあのあとはゲームを一言説明した後「終」になるだけです。内容はリンク先を見ていただくとして(いずれ公式サイトの方に動画もアップされます)。

 例年私は自分のLTがLT未経験者に「こんなユルフワなLTでも良いんだ、自分もやってみよう」と感じてもらえることを願いながら臨んでいました。至らぬ点は多々ありますが、最後のYAPC::Asiaもどうにかやり切れたのではないでしょうか。

 もう一点。長年主にPerlのおかげで飯を食べることができてきたことに対してコミュニティに何らかの還元したいと常々思っていたのですが、ようやく今年YAPC::Asiaの企業スポンサーをすることができました。本当に良かった。そしてLTの始まる前にちょっとだけ会社説明をさせてもらう感じだったのが、蓋を開けたらLT間LTのようになってしまいました。弊社はあのようなノリを大事にしている風通しのよいアットホウムな会社です(棒)。

 それと、これも恒例となっていましたがどんぞこ楽屋のブースを出させてもらいました。おかげさまで『Acme大全2015』全て頒布することができましたし、シールも会社のノベルティも全てもらっていってもらえました。皆様ありがとうざいます。

電子書籍版は必ず出ます! きっと出ます! 出るよだぶん!


 これでJPA主体のYAPC::Asiaは終了した、というわけですが、今後何らかの形で誰かや組織が引き受けていくかもしれませんし、私も何らかの形で関わっていけるよう精進したいと考えています。とりあえずこれからしばらくはJSON::PPのタスクを潰していきます。多方面に色々ご心配&ご迷惑おかけしていてすみません。

 それでは最後にYAPC::Asiaに携わってきた全てのスタッフの皆さま、お世話になりました! 本当に本当にありがとうございました! YAPC::Asia Forever!

[]

■2014-09-01

* [近況] YAPC::Asia 2014で同人誌頒布とLTしてきましたB!

 今年もYAPC::Asiaに参加してきました! 例のごとく出張「どんぞこ楽屋」してました。ブースにお越しくださった皆様、ありがとうございます。それとLTもしました。相変わらず同人活動の報告と称して技術的なことなど微塵もない内容でしたが、LTをやりたい人がたくさんいる中で貴重な1枠をもらってることを肝に銘じて毎回本気で臨むよう心掛けています。5分間目いっぱい使って言いたいこと(主に「菊地真の誕生日!」)が言えました。ありがとうございます。スライド観てもしょうがないとは思いますが、念のため、ここからスライドのリンク貼っておきます。

 そうそう、LTに関連して一点書き留めておくのですが、あるトークにおいて政治的なイシューを題材にしながら「ネタだから怒らないでね」という悪手なエクスキューズをするものがあって、非常に拙く残念だなあと感じました。ネタだろうが何だろうが”公”(←ここがポイント)で発表する以上は、どうか自分の表現するものに責任をもって欲しいなぁ、と心から願います。まー、これは同人活動やってる自分に対する自戒を込めてというか、年寄りの小言というか、そういうアレですが。

 それから、uzullaさんのPHPのトークがベストトークに輝いたのは、非常にYAPC::Asiaらしいなと思いました。ネットを見渡すとこれは賛否あるようですが、私は純粋にYAPC::Asiaらしくて良かったなーと思いました。おめでとうございます。

 ribasushiさんに見本でヨレヨレになった『Acme大全2014』を見せたところ、気に入られたようで、さらにLeon Brocardさんに渡したいということで、ついにAcme大全がacme(彼のハンドル)の手に渡ることに。やー良い話だ。

 それでは最後に、ゆーすけべーさんをはじめ、スタッフ、関係者の皆様、本当にお疲れ様でした&お世話になりました。ありがとうございます!

[]

■2014-08-09

* [近況] C86夏コミ参加B!

 直前での告知ですが、C86の3日目(日曜日)東N37b「どんぞこ楽屋」で参加します。頒布物は恒例の『Acme大全2014』。



 CPANにあがっている511個のAcmeモジュールの紹介と、素晴らしい(?)初心者向けPerl入門の章がついています! 去年の表紙ですら買いづらい、会社に置きづらい、という声がありましたので、さらに健全度がましたものになっております。400頁近くになりましたが頒布価格は据え置きの150001500円です。何かおまけもつける予定です。

今年はYAPC::Asiaでブースでないので、この夏コミか通販などでぜひぜひ!すいません、なんかYAPC::Asia 2014出る感じで

[]

■2013-09-25

* [近況] YAPC::Asia Tokyo 2013に参加しましたB!

 毎年恒例のYAPC::Asiaで「『PM(ぷむ)からの野望』の構想と実践」を発表してきました。自作非電源ゲームの発表も3年目になりましたが、年々早まる開催日にあわせて順調に開発・資料作りが遅れていくというね…… 今年はついに頭の中にあるものをまとめるだけという暴挙にでました(スライドは左記リンク先から辿れます)。

 さて、去年は諸般の事情で「どんぞこ楽屋」としては参加できませんでしたが、今年は屋台で登場。



『雅なPerl入門』のhiramatsuさんと共同参加できたのが楽しかったですね。お越しくださいました皆様、本当にありがとうございます。

 一時、uzullaさんが体を張って呼び込みをしてくれたのですが、それをみたMelbourne.pmの方がぼそっと「YAPC、どうしてこうなった……」って呟かれたのが印象的でした! たぶん前からYAPC::Asiaではこういう側面があったのでとくに変質したわけではないと思います。そういえば海外からこられた人達、ことごとくブースを避けていかれたので、かなり引いてたのかなぁ。



 LTでは恒例のPerl同人活動報告をしました(スライドは左記リンク先から辿れます)。今年は時流に乗ったシールをつくってみましたが、やっぱあまりますね! HaHaHa!



スライド作りに1時間ほどしかさけなくて、発表したいことの半分ぐらい出来なかったのが残念でした。「弾これ」は予想以上に受けたようでよかった。去年、LTがシモネタ云々というご批判があったので、今回は注意したのですが、結果的に去年とあんまり変わらなかったような……精進します。なお、私のLT発表の際に以下のような反応がございました。



 たぶん前からYAPC::Asiaではこういう側面があったのでとくに変質したわけではないと思います!

 それでは最後に、牧さん櫛井さんをはじめ、スタッフの皆様、本当にお疲れ様でした&お世話になりました。ありがとうございますー

[]

■2013-08-21

* [近況] 夏コミ参加の報告B!

 C84にサークル参加してきました。



 おかげさまで『Acme大全2013』完売しました。ありがとうございます。前回述べた「おまけ小冊子」ですが結局『10日でおぼ えきるPerl』というものになりました(『白目大全』はあまりにあまりなのと内容が思いつかなかった)。こちらは急にPerlを覚えなければならなくなった主人公のダラ子が姉者にPerlを教わり10日でCPANオーサーになる……という話だったらよいのですけどもね! もう少し内容ちゃんとして電子書籍版出します。



 今回結構誤字脱字が多かったので、正誤表を用意してあります。他にもたくさんpapixさんが見つけてくれました。ありがとうございます。「10日で……」の方もかなりたくさんあって、両方ともおいおい正誤表に反映していきますので。それにしても「どんぞこ楽屋」が「どんどこ楽屋」になってるのにはうけた!

 あとYAPC::Asia 2013の宣伝も勝手連的にやりまして、興味を持つ方も結構いらっしゃったのですが、なにぶんチケット販売締切当日だったのが残念でした。

 『Acme大全』(+『10日でおぼ えきるPerl』)はYAPC::Asia 2013でも頒布できればなあと思ってますので、見かけたらぜひ声かけてくださいね。また通販もやっていますのでどうぞよろしくお願いします。

[]